和紙 イサムノグチAKARI First model 9A (フロアスタンド):THE COVER NIPPON - e77ab

2019-11-10
カテゴリトップ>照明
和紙 イサムノグチAKARI First model 9A (フロアスタンド)

AKARI
1951年から制作され、提灯とは呼ばずに「AKARI」と名付けたイサム・ノグチ氏。明かりと言う言葉は太陽の光や月の光を部屋に入れようという意味からこの言葉ができ、漢字の文字も日(太陽)と月とで出来ている。和紙を透かしてくる明かりには、ほどよく光を分散させ部屋全体に柔らかい光を流してくれる。「AKARI」は光そのものが彫刻であり、影のない彫刻を狙った作品である(イサム・ノグチ氏談)
伝統工芸である岐阜提灯の製造方法と、変わらない手順、技術によって作られる「AKARI」
イサム・ノグチ氏の思いのこもった制作当時の型をいまなお使っており、光を柔らかく拡散させる和紙の性質と、骨組みとなる竹ひごを荒く不規則に張り巡らす事によって、和紙の縮みやしわをそのまま残し作られています。また和紙の部分もコンパクトに畳めるように設計され、骨組みのワイヤー等のパーツも組み立てられる仕様になっており、高さ8センチの箱に収められます。

FIRST model
伝統的な岐阜提灯をベースにデザインされたシリーズです。発表当時は無地の提灯は葬祭用としてのイメージが強く、インテリアとしての使用は好まれませんでした。そこでイサム・ノグチ氏は手書きの抽象模様や書をあしらったものを造り出しました。その後、素朴で現代的な白い提灯は西洋諸国で大いにもてはやされました。
こちらの9Aタイプもそのひとつ。様々なシチュエーションに対応出来ます。

美濃和紙 イサムノグチAKARI First model 9A (フロアスタンド)
株式会社オゼキ

創業明治24年より続く岐阜提灯の老舗。
明治26年にアメリカ・コロンブス博覧会に岐阜提灯を出品した際、大好評を博します。
しかしこの時代、提灯絵は全て手書きであった為、納期が遅れたことを期に、量産化が必要となります。その対策として下絵を彫った伊勢型紙で和紙に色彩を刷り込み、その絵紙を張り上げる「摺込絵」の技法を生み出します。摺込技法の導入は岐阜提灯の量産化の幕開けとなります。
昭和26年に彫刻家イサム・ノグチ氏が来社し、光の彫刻として世界から高く賞賛されることとなる「あかり」のシリーズを製作する事となりました。

商品のお手入れ、詳細情報
サイズ高さ 690 × 幅 450 (mm)
重量545g
付属品・仕様コード:1.9m 100V LED電球(電球色)40W形E26
電源:コンセント差し込み式 プルスイッチ式(紐スイッチ)
原材料和紙 竹 鉄
生産地岐阜県岐阜市
生産メーカー株式会社オゼキ
お取り扱いのご注意/お手入方法お手入れ方法:和紙シェードは使用環境や経年変化により変色する恐れがあります。
シェード部分は柔らかいハケやはたきなどで埃を払ってください。
外箱の有無箱有
全てのシェードにイサム・ノグチ氏のサインが印字されております。
納期ご入金確認後3〜10日前後で発送致します。実店舗との在庫共有の為、在庫がない場合はお取り寄せとなり、お時間を頂戴する場合もございます。
価格
30,000円 (税込32,400 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

みんなの得トクひろばとは?

企業さまからご提供いただいた話題の商品や体験チケットが抽選で当たる、カテエネ会員さま限定のサービスです。
応募の際にはアンケートにお答えいただき、商品をご提供いただいた企業さまへリアルな声をお届けいたします。